いざというとき

お葬式に行く家族

人は必ず生まれ死を迎える。
そのことは生活をしている上でも常に頭の中にあるものである。
しかし、近しい人が亡くなったとき、人は精神的に動揺し、死に際する手続きなどをする余裕が無くなってしまう。
このため、精神的な動揺と親しい人を亡くした心のダメージだけでなく、手続きの煩雑さで忙しくなり、体に負担をかけてしまうこともある。
葬儀は亡くなった人のためのものでもあるが、残された遺族や親戚のためでもある。
そうした性質から、なるべく心や体に負担をかけないように、普段から葬儀の準備はしておく必要がある。
家族だけではスムーズな葬儀の運営が出来ない可能性があるので、葬儀社や自治体からの支援など、いろんなお葬式の形式が用意されている。

葬儀は残された家族や周囲の人のためのもの、という考え方は、宗教や弔い方が関係している。
人は実は宗教が生まれる前から葬儀を行なう生物であった。
石器時代よりはるか昔に、亡くなった人に対して墓をつくり、花を手向けた痕跡が残されている。
亡くなれば意識も体もこの世の中には無くなってしまうので、その人が安らかに眠るように弔う、ということを必ずしもしなくても良いのである。
しかし、人間は人を弔わずにはいられない。
そういった性質があるため、葬儀社や火葬、土葬の方法などがこれほどまでに発達してきているのである。
満足のいく葬儀をするためには、きちんとした手続きを踏む必要がある。

数珠

手続きをする

人が亡くなったとき、葬儀をする前にいろいろと行なうことがある。まずは遺体を運び、火葬する手続きをとることである。死亡診断書もとり、市役所とやりとりすることになる。

Read More

手を合わせる男性

費用の相場を知る

火葬をするためにもお金がかかるので、多くの弔問客を迎える葬儀を開くときにはその分費用は高額になってくる。満足のいく式にするためには、生前から相談しておくことが大事である。

Read More

お香典を持つ手

依頼する業者

満足のいく式にするためには業者選びは大事である。葬儀社は特別な許可が必要なく、すぐに始められる会社なので、業者によっていろんな形式が提案されている。信頼できる担当者とよく話し合う事がコツである。

Read More

お骨を持つ女性

式の流れ

手を合わせる女性

様々な形式

写真を持つ女性

法要について

オススメリンク